障害者雇用促進法とは? 改正点や助成金、対象範囲をわかりやすく解説|@人事業務ガイド

促進 法 障害 者 雇用 促進 法 障害 者 雇用

この納付金を「罰金」と捉えている方もいるかもしれませんが、障害者雇用の義務を果たしている企業と果たしていない企業の経済的な負担を調整するために支払うものであり、罰金ではありません。 分かりやすく言うと労働者のうち100人に2人以上は障害者を雇用しなさいということになります。

障害者の雇用の促進等に関する法律

促進 法 障害 者 雇用 促進 法 障害 者 雇用

具体的な引き上げ時期は、厚生労働省の労働政策審議会で決定されます。

雇用率対象の障害者

促進 法 障害 者 雇用 促進 法 障害 者 雇用

0%) (参考: 厚生労働省『』) 違反した場合の罰則 障害者雇用促進法に定められている雇用義務に違反した場合、どのような罰則があるのでしょうか。 事業主は精神障害者保健福祉手帳をもって障害の確認を行う。 精神障害者は対象が広いため、法律上において該当するかどうかは確認することをおすすめします。

2018年4月の改正で「障害者雇用促進法」は何が変わるのか?ポイントをご紹介

促進 法 障害 者 雇用 促進 法 障害 者 雇用

現在の従業員数が法律の適用外の企業であっても、従業員を増やしていく場合には注意が必要となります。 )未満である場合には、特定身体障害者である当該職種の職員の数がその特定身体障害者雇用率を乗じて得た数以上となるようにするため、政令で定めるところにより、特定身体障害者の採用に関する計画を作成しなければならない。 一方、「配慮」とは、障害があっても能力を十分に発揮して業務を行えるように提供されるものです。

2

改正障害者雇用促進法の重要ポイントを初心者向けにわかりやすく解説

促進 法 障害 者 雇用 促進 法 障害 者 雇用

執筆者プロフィール. 障害者雇用率を満たしていない企業が多い中、先駆けて障害者雇用に取り組む中小企業には以下のメリットがあります。 知的障害者 「知的障害者」とは「障害者のうち、知的な障害をもつ者であって厚生労働省令で定める者」とされています。

障害者の雇用の促進等に関する法律

促進 法 障害 者 雇用 促進 法 障害 者 雇用

第2節 調停(74条の7~74条の8)• 国及び地方公共団体は、障害者の雇用を妨げている諸要因の解消を図るため、障害者の雇用について事業主その他国民一般の理解を高めるために必要な広報その他の啓発活動を行うものとする(第76条)とされ、現在毎年9月を「障害者雇用支援月間」として、事業主のみならず、広く国民に対して障害者雇用の機運を醸成するとともに、障害者の職業的自立を支援するため、さまざまな啓発活動を展開している。 知的障害者• また、雇用の状況を見ると、2005年から雇用率への算入が可能となった精神障害者の雇用数は着実に増加。

8